この和風トースターは3万円です。 それは一度に一つのスライスを作るだけです

この和風トースターは3万円です。 それは一度に一つのスライスを作るだけです

完全に乾杯されたトーストは、日本の強迫観念ではありません。それはビジネスチャンスです。ここ数年で、高級トースターから高級パンまで、熟練したパンを追い求める静かなブームが、満足のいくクランチを求めているカフェに仕出しました。
争いに参加することは、スライスされたパンにとって次善の策です。 1つの仕事だけのために設計されたトースター:完璧に1つのトーストを作ること。仕事場の冷蔵庫や炊飯器で有名な三菱電機によって製造されたブレッドオーブンは先月、約29,000円から30,000円(270ドル)の小売店でヒットした。
それは高価に思えるかもしれませんが、国の消費者はすでにトースターの最高価格を支払うことに慣れています。数年前にデビューした人気のBalmudaは、約$ 230で売れました。
三菱電機の家電部門で技術開発を担当している岩原明宏氏は、次のように述べています。 「炊飯器からの私達の技術そしてノウハウは私達が湿気を閉じ込めそして密封する方法を思い付くのを助けました。」
それは非常に重要です。 Balmudaのトースターはパンの乾燥を防ぐために少量の水を使います。三菱電機のブレッドオーブンは、金属製の箱の中に一枚のスライスを密封し、最高260°C(500°F)の温度で2枚のプレートを通して熱を伝達するという、別の方法を使います。
トーストの完璧なスライス以上に楽しいものは何もない、とハーフバードに聞こえますが、実際に存在する、日本バタートースト協会の創設者、Kaori Kajitaは言います。 “あなたは助けることができませんが高揚されます。”
それは日本のパンが乾杯用に仕立てられているのを助けます。食パンと呼ばれる、和風の四角いパンは何年も前から出回っています(ワンダーブレッドの高品質バージョンを考えてください)。トースターブームは、それがパン屋のオーブンから出てきたような味と感じの柔らかく、噛み付きやすいパンを持っているという欲求にその起源があります、とKajitaが言います。

生地の需要を満たすために、企業は新しい製品やサービスを考え出しています。焼肉専門の大阪を拠点とする小さなチェーンである咲本は、慎重に焼いたパンを1個900円で予約しています。東京の銀座地区にあるカフェ、センター・ザ・ベーカリーでは、個人用トースターを選んでテーブルで使用することができます。
トーストブームの背後には、食生活のより広範な変化があります。伝統的な日本の朝食は米、焼き魚、みそ汁で構成されているかもしれませんが、最近はそれほど一般的ではなくなりつつあります。 NRIグループがまとめたデータによると、わずか51%の人々が朝のパンを好む人がいます。
それには、大学講師の正路正彦さん(42歳)も含まれています。彼は、Balmudaを買ってからより多くのパンを食べるようになりました。彼は三菱電機の新しいハイエンドガジェットを試してみたいと思っています。 「通常のトースターに戻ることはできません」と彼は言った。
パンオーブンはワッフルメーカーのような形をしています。その結果、クラムシェルのデザインはロールやバゲットに関しては必ずしも寛容ではありません。それは、チーズや卵の上でも扱うことができますが、フレンチトーストは崇高です。のどかなベニヤ板で覆われて、ガジェットはキッチンカウンターではなく、ダイニングテーブルで使われることを意図しています。
三菱電機の家電事業部マーケティング部長、樋口博明氏は、次のように述べています。 「私たちは顧客に自分のトースターを取り除くことを求めているのではなく、これをまったく異なるカテゴリーとして楽しむことを求めています。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *