オリンピック:2020年東京大会のチケット販売、日本国民に開放

オリンピック:2020年東京大会のチケット販売、日本国民に開放

木曜日に東京2020オリンピックの最初のチケットが発売され、日本の居住者は自分の選んだスポーツを見るために宝くじに入ることができました。
33のスポーツのチケットは、オープニングセレモニーで最高の席を手に入れるための2,500円から30万円までの最も安い一般的なチケットからの範囲です。
ショーケース男子100m決勝で最高席を獲得できるほど幸運な人には、13万円が支払われます。
ただし、全チケットの半額は8,000円以下で、2,020円の特別チケットは、日本に居住する子供、高齢者、および障害のある人が対象です。
2020年のマーケティング責任者、早川裕子氏はAFPに対し、「2012年のロンドンとほぼ同じだが、2016年のリオゲームより少し高い」と語った。
宝くじは初期の期間の日本の居住者だけのためです。それは5月28日まで実行され、6月20日に合格者が通知され、2週間後に支払いが行われます。
チケットは先着順では販売されておらず、5月28日までに誰もが宝くじに入場したにもかかわらず、Webサイトではキューシステムを使用してオープンしたときに需要が高まりました。
海外の申請者は、6月15日から各国の特別な「公認チケット販売店」を通じてチケットを購入することができます。
開会式までのスタジアム構成はまだ450日足らずでまだ確定していないため、主催者は利用可能なチケットの正確な数を提示していません。
しかし彼らは、ゲームを開催する権利を競って入札したときに見積もった780万枚のチケットとほぼ同じだろうと述べた。
これらのチケットのうち、推定70〜80%が日本の住民に割り当てられ、残りは海外のファンに割り当てられるでしょう。
東京2020オリンピックは7月24日から8月9日まで開催されます。パラリンピックのチケットは今年の夏に発売される予定です。
アプリケーションの計画を開始したいファンは、https://id.tokyo2020.org/oidc/login.htmlにあるWebサイトにアクセスできます。
IOCが統治機関AIBAとの紛争の間の競争のための準備を凍結しているので、ボクシングチケットは利用できません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *