スズキは、Katana大型バイクを発売する

スズキは、約19年ぶりにカタナ大型バイクを発売する。

スズキは5月末までに欧州モデルで新型カタナを発売し、今年後半に日本市場でも発売する予定です。新型車の重量は215kgで、前機種より35kg軽い。同社は軽量化により走行性能を向上させ、乗り心地を強調することを計画している。

新モデルは、欧州のEuro4排出ガス規制に適合するように開発されたエンジン技術を使用して排気量約1000ccの直列4気筒エンジンを開発した。前モデルは空冷オイルクーラーを採用した1,100cc直列4気筒ガソリンエンジンを搭載したが、新型は主流の水冷システムを採用。

新型エンジンの排気量は旧型エンジンの約10%小さいが、出力は50%向上して110kWとなった。新型エンジンの最大トルクは108N・mです。排気量が少ないほど、エンジンの質量も減少した。

また、新型カタナのフレームは主にアルミ素材で作られていますが、旧モデルのフレームは主に鉄を使っています。アルミフレームが35kgの軽量化の大部分を占めているようです。アルミフレームはスポーツバイクで一般的になりつつあります。加工技術の進歩により製造コストが安くなり、普及車への適用が可能になりました。

20%薄いアウターパネル

主に加工技術の進歩により、新モデルのアウターパネルは旧モデルのアウターパネルより10〜20%薄くなっています。前モデルの外板の大部分はアクリロニトリル – ブタジエン – スチレン(ABS)とポリプロピレン(PP)樹脂の射出成形で作られていました。

過去において、それらを見積もりよりも厚くすることなしに、大きな表面積を有する外側パネルの形状を維持することは不可能であった。製造技術の進歩により、同じ材料を使用することによってより強い外板を製造することが可能になった。

スズキがスイングアームマウントリアフェンダーを採用したのは今回が初めてです。後輪の車軸からアームを伸ばしてナンバープレート、ブレーキランプ、方向指示器を取り付ける。新型車の場合、後輪左側の車軸部に固定されている。日本のバイクメーカーがこの方法を採用することは稀です。

後輪部の振動が特に強く、スイングアームマウントを使用するのが難しい。それでも、デザイナーの意見を考慮して、スズキはそれを実現することを決心しました。バイクの設計時に、同社はフェンダー周りの剛性バランスに注目しました。部品の損傷を防ぐことを目的として、振動の伝達を抑制するように各部品を設計しました。

新しいKatanaは2,125(L)x 830(W)x 1,110mm(H)を計って、そしてそのホイールベースは1,460mmです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *