スペース; 日本の宇宙探査機が小惑星に着陸

スペース; 日本の宇宙探査機が小惑星に着陸

スペース; ハヤブサ2という名の日本の宇宙探査機が、生命の起源についての手がかりを探るために地球から3億km以上の小惑星に着弾した、と科学者たちは述べた。
スペース; 宇宙船の小惑星竜宮への着陸は、直径わずか900メートル(3,000フィート)で、小惑星の岩石表面での着陸地点を選択するのが困難だったため、10月の最初の試みが遅れたためでした。
金曜日に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は言った、「はやぶさ2が惑星の表面に小さな発射体を発射して粒子科学者が分析のために地球に持ち帰ることを望んでいる」と述べた。
「私たちは以下の理由で何らかの心配をし
プロジェクトマネージャの津田裕一氏は記者会見で次のように述べています。
「我々が想像したシナリオの中で最高の状況に到達した」と彼は言った。
2005年に「はやぶさ」が地球に近い小惑星「イトカワ」に着陸した後、小惑星に着陸したのは日本で2番目の宇宙船です。
JAXAの計画では、はやぶさ2が竜宮から離陸し、最大3回までタッチダウンすることです。 2014年12月に爆発し、2020年末に地球に戻る予定ですス。
科学者たちは、これらのサンプルが、宇宙からの要素が地球上の生命を生み出すのに役立ったことも含めて、生命と宇宙についてのいくつかの基本的な質問に対する答えを提供することを願います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *