トランプは日本の新しい皇帝に会う最初の国家元首です

トランプは日本の新しい皇帝に会う最初の国家元首です

月曜日に、ドナルド・トランプ大統領は、皇居で燃えるような暑い太陽の下で歴史を築き、日本の新しい皇帝と出会う最初の世界的リーダーとなりました。
5月1日、成仁天皇は王座に昇り、麗和の時代、すなわち「美しい調和」を開いた。トランプの「ステートコール」は、Naruhitoと彼の妻、Empress Masakoからの握手と挨拶で始まりました。
4日間の州訪問をしている大統領は、威厳と軽蔑に満ちた屋外の歓迎式典で注目の的でした。両国の国歌が演奏されたため、夫婦たちは盛り上がったプラットフォームの上に立った。
トランプはそれから一人でレッドカーペットの下を歩いて、軍のバンドを聞いている別のプラットホームの上に注意を向けました。
それから彼はナルヒトと男性の妻の両方を差し控えながら日本軍を見直すためにレッドカーペットを下り続けた。
トランプはほとんど感情を示さなかったが、熱心にアメリカと日本の旗を振っている学童の近くで手を振った。何人かの子供たちは暑さに苦しんでいて、後で彼らの額の上に水のカップと冷たい湿布で座っているのを見られました。
トランプとナルヒトは、誰もが宮殿の中に戻る前に、互いの代表団の役人たちの長い列にそれぞれ出席します。
一般の言葉は話されていません。
トランプの次の停留所は、日本の迎賓館である赤坂宮殿で、宮殿の儀式に参加した安倍晋三首相との会談、昼食会談、および共同記者会見です。大統領はまた皇帝が主催する宮殿での皇室の宴会で名誉の客となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *