伊藤後の日本の魅力、速田は論争の決勝を失う

早い伊藤が争った決勝で敗れた後、日本卓球協会は国際卓球連盟に、女性の日本上訴での争いの判決について抗議した。
 情報筋は、ブダペストで開催されたばかりの卓球世界選手権で決勝を2倍にすると情報筋は述べた。

情報筋によると、伊藤美馬と速田ひながその日の早いうちに相手に潮を引いたレットサーブコールに反対した後、インスタントビデオリプレイシステムが導入されたと日本の当局はスポーツの運営組織に尋ねた。

スコアが9-9に結びついて、それぞれが2つのゲームに勝った後の5番目のシーソーゲームでは、当局は早田の最初のサービスをネットに触れるための「let」と呼んだ。

試合に勝利したと思った伊藤と早田は、試合の中断の際はタイムアウトを選択したが、中国のSun YingshaとWang Manyuが12 – 10とリードを決め、試合に出場するようになりました。 4-2。

「私はそれ(決定)が間違っていたと確信していたので、アンパイアにそう言いました、しかし彼女はビデオを見さえしませんでした。それに勝った)私たちは試合に勝つために行くことができたように私は感じている」と伊藤は言った。

ITTFの資料によると、主任審判はマレーシア人であり、副審判はスウェーデン人であった。

SunとWangは2つの試合から降りてトップシードの8-11、3-11、11-8、11-3、12-10、11-8を勝ち取り、日本のデュオは彼らの最初のワールドタイトルを否定した。中国は5つすべての金メダルのきれいな一掃で世界を去りました。

伊藤と早田は1971年以来世界選手権決勝に到達した最初の女子日本ダブルスペアです。

テニスでは、ビデオレビューシステムによって、審判からの審判の呼びかけに異議を唱えることができます。サッカーでは、ビデオアシスタントレフリー(VAR)が審判の決定を支援するために使用されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *