大学を卒業する外国人のための就職先を開くために日本

大学を卒業する外国人のための就職先を開くために日本

火曜日に入国管理局は、より多くの労働者を国内に誘致するために、大学を卒業した後または日本で大学院課程を修了した後に、外国人が就労することが許されるビジネス分野を開拓すると述べた。
木曜日に発効する改正法務省通知の下で、外国の卒業生は居住の “指定された活動”のステータスの下でレストラン、小売店や工場生産ラインで働くことができるようになります。
入国管理局によると、これまでのところ、そのような卒業生は通常、エンジニアや会計士などの仕事で働くために「人文科学/国際サービスのエンジニア/スペシャリスト」ビザを取得しています。
その地位は、彼らが彼らの専門知識と無関係であるという理由でサービス部門と工場での仕事を許可しませんでした。したがって、代理店はそのような仕事を指定活動ビザの保有者が従事を許可されている活動のリストに追加することを決定しました。
この計画では、学生がフルタイムで雇用され、日本の同僚と比較して同等以上の給与が確保されることを条件に、改訂指定活動ビザが発行されます。彼らはまた高いレベルの日本語能力を持っていなければなりません。
変更の前に、外交官の世帯従業員を務めている人々を含む人々に指定活動ビザが発行されています。
最近の動きは、日本企業が国への外国人観光客の数の増加を背景に、高い日本語能力を持つ外国人を雇おうとしているために起こります。
代理店は拡大された仕事の機会が毎年何千もの外国人労働者の数を増やすであろうと信じています。
先月、急激な人口増加と出生率の低下による慢性的な労働力不足に対処するため、海外からの労働者の増員に向けた取り組みを強化しています。労働飢餓セクター。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *