日本の通信会社SoftBank Corpがヤフーへの出資を拡大

日本の通信会社SoftBank Corpは水曜日、ヤフーへの出資比率を45%近くまで引き上げるために4,565億円(40億ドル)を費やすと発表した。

ヤフーへの追加出資により、当期純利益は3月末の4,308億円から、当年度は4,800億円(44億ドル)に達すると予想している。売上高は、昨年度の37億円から4.8兆円(436億ドル)に増加する見込みです。

SoftBank Group Corpの日本のモバイル子会社であるSoftBankは、12月に日本最大の新規株式公開に2兆円(180億ドル)以上で上場した。

親会社が保有するインターネット会社の36%の株式を取得し、SoftBank Corpの子会社になる予定です。

ソフトバンクグループは木曜日に最新の収益を発表する予定です。

ソフトバンクコーポレーションは、ヤフーと提携してビッグデータベースを活用することで、消費者向けサービスおよびビジネスサービスを拡大し、顧客のニーズに合わせて調整することができると期待していると語った。

ソフトバンクの創設者である孫正義氏は、「情報革命」をリードしているさまざまな業界にまたがる戦略的持株会社として投資するという戦略に基づいて、300年にわたって継続的に成長する会社の準備を目指すと述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *