日本はトランプを威圧で騙して貿易の闘いを避けたい

安倍晋三首相は、東京が貿易の暴動を避けようとしているため、ドナルド・トランプ大統領を相撲大会での帝国宴会、前列席への訪問、および国内最大の軍艦への旅に招待する。

5月25日から5月28日までの間、新日本皇帝ナルヒトとハーバード大学で教育を受けた皇后両陛下がトランプのための豪華なディナーを主催します。これは両国の同盟関係を披露するためのものです。

アメリカの指導者は、君主が今月王位を受け継いで以来、名誉を与えられる最初の外国の高官になるでしょう。トランプはまた、安倍とゴルフをし、日本の加賀ヘリコプターキャリアを視察するでしょう。

トランプ氏とアベ氏は月曜日の首脳会談で、ワシントンが北京との貿易戦争に巻き込まれた時期に、北朝鮮の核・ミサイル計画と中国の経済的・軍事的な二国間貿易の問題について話し合うことを期待されている。

「トランプ大統領の訪問中に様々な問題が発生するだろうが、それほど深刻になるとは思わない」と、衆議院外務委員会委員長の若宮健二氏は今週ロイターニュースセミナーで語った。 「(要求が)中国ほど過酷になるとは思わない」

安倍はトランプとの密接な個人的な結びつきを最優先事項とし、2人はハンバーガーを使って、そして頻繁な電話や対面での会合でリンクを結びつけてきた。

ワシントンのウィルソンセンターのジャパンフェローである中山俊宏氏は、トランプ氏の訪問について、「安倍首相によるトランプ氏の全面的な支持の一部である」と述べた。

「安倍首相がしたことは非常に効果的であり、戦略的なことさえ言えます。トランプ氏にとっては、個人の化学が非常に重要だからです。」

キヤノンの東京への滞在を公式の州訪問として指定することは、それが定義上成功することになっていることを意味する、とキヤノン国立外交研究所のリサーチディレクターを務める元外交官は言った。

「それは実質的なものよりも儀式的で象徴的だ」とミヤケ氏は語った。 「貿易問題に関する限り、アメリカの最優先事項は中国である。」

トレードトラブル

それにもかかわらず、トランプ氏は、彼が自動車輸出からのその多くが日本との680億ドルの貿易黒字に不満であることを明らかにしました、そしてそれに取り組むために双方向の取引を望んでいます。

4月の日本の対米貿易黒字は前年同期比17.7%増の7,232億円(66億ドル)となり、これは自動車輸出の8.3%増にも一部起因するとデータは示している。

先週の金曜日、トランプは一部の輸入車と部品が国家安全保障上の脅威をもたらすと宣言したが、関税を課すことの決定を最長6ヶ月延期し、日本と欧州連合との貿易協議にもっと時間を与えた。

日本は輸出に対する制限、世界貿易ルールの違反に反対していると言います。

「我々は1980年代や1990年代にはいない」と三宅氏は述べた、日本への「自主的な」米国への自動車輸出規制の時代に言及した。 「それは初心者ではない」

ワシントンの交渉を率いる米国の貿易代表Robert Lighthizerは金曜日から日本を訪れて首脳会談前に茂木俊光経済大臣に会う予定である。

米大使William Hagertyによると、トランプ氏は先月ワシントンで開かれた会議で、日本の自動車メーカーが米国でより多くの車を生産するよう頼んだ – ワカミヤ氏は選択肢になるかもしれないと述べた。

トランプ氏は5月の訪問で貿易取引が可能であると当時に語り、先月のキャンペーン集会で、安倍首相は日本の米国の自動車工場に400億ドルを投資すると発表した。

ワシントンはまた、トランプが11カ国の太平洋貿易協定を撤回した後、東京が米国の農産物に対する関税を引き下げて競争力を回復させることを望んでいる。

しかし、米国農務長官のSonny Perdueは先週、安倍首相が7月に参議院選挙に直面したことに気づいたことを明らかにした。

「私たちがここで非常に近いうちに著しい進歩を遂げることを願っています」とHagertyは今週述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *