日本経済は年率2.1%で成長しました

月曜日に発表された政府のデータによると、日本経済は第1四半期に年率2.1%で成長し、2四半期連続の拡大を記録した。

内閣府は、季節調整済みの国内総生産(国内の財・サービスの総額)は、前四半期から1〜3月の期間で0.5%成長したと述べた。

改訂される可能性があるとのデータによると、健全な公共投資と民間住宅投資が今四半期中の成長を後押しした。

日本経済は安倍晋三首相の「アベノミクス」反デフレ計画の下で緩やかな成長を記録したが、自然災害およびその他の要因のために最近のいくつかの期間に縮小した。

日米間の貿易紛争の深刻化による影響も、輸出依存型の日本の需要を圧迫しています。

日本の経済成長の勢いが鈍化するかもしれないという懸念が高まっています。

東京のIHS MarkitのHarumi Taguchi氏は、予想以上に良い結果の背後にある要因の1つは、輸入だけでなく輸出も減速したことであり、これが内需の減速を示唆していると述べた。

「新しい皇帝、ラグビーワールドカップに関連した特別な休日、そして予想される売上増税に先行する消費の増加がしばらくの間、消費を支えると予想される」と彼は言った。

しかし彼は、税が効力を発した後の支出を支えるために追加の政府の措置が必要かもしれないと述べた。日本は今年後半に8%から10%への売上税増税を実施する予定です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *