日本; 気候変動の動きに対するユースストライク

日本; 気候変動の動きに対するユースストライク

東京;金曜日の東京都心部では、金曜日の国会議事堂の前で、気候変動対策のために集まっていた学生たちが街頭に集まり、今や世界的な青少年運動になりました。
高校生や大学生を含む約20人の若者が、「地球と一緒に生きる」と「今すぐ行動する」という手作りのプラカードを掲げて、気候変動について警告を発して彼らの声を聞かせたいと考えました。
主催者は、2018年に始まる「#FridaysForFuture」と呼ばれるより広範な運動から提案を受けました。
役所が固定されている地域で開催されました。今月初めに開催することを決定した人々によると、この気候イベントは日本で初めてのものでした。
小出愛菜によると。 「気候が変わると、若者は社会全体を変えることができます。イニシアチブを率いてきた20歳の大学生。
「私は、若い人たちがこの見方を共有して来ることを願っています」と述べ、気候環境問題についての意識を高めることを優先事項としています。
このイベントの参加者の中には、スーツを着たおよそ1時間の集会に駆り立てられた女子大学生がいました。彼女は就職活動や日本を離れている間に気候変動の深刻さに目を向けた学生たちに飽きています。
18歳の高校生である酒井勲は、アメリカ滞在中に彼が受けた気候環境科学の授業は「目を覚ます体験」だったことを思い出します。
酒井氏によると、「それまでは気候変動について気にしていませんでした。しかし知識は違いを生む」。 「まず第一に、より多くの若者が何が起こっているのかを意識する必要があります」。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *