日産はゴーンの申し立てられた不正行為を見逃しているためにCEOの給料を削減する

日産はゴーンの申し立てられた不正行為を見逃しているためにCEOの給料を削減する

この問題に近い情報筋によると、日産自動車は、カルロスゴーン前会長の金銭的不正行為の申し立てを見逃していた2018年度のCEOの西川裕人氏の報酬を大幅に削減する予定だという。
2017年度に約5億円(450万7000万ドル)を受け取った西川氏は、給与を減額するのではなく、報酬の一部を返還するよう求められる可能性があると、情報筋は述べている。
当社は取締役会の報酬の承認を他の議題項目の中で求めるために毎年6月に株主総会を開催しています。
2018年度には、米国の売上高が低調であったため、日産は予想外の収益を計上しました。当期純利益は、9年間で最低の3,191億4000万円となり、57.3%の減益となりました。
ゴーン氏は、ゴーン氏の補佐官を務め、2017年4月に最高経営責任者に任命された。ゴーン氏は、日産への民間投資損失の譲渡疑惑、および日本の監督当局への8去年の3月から3年。
日産は昨年11月の逮捕の直後に議長として彼を解任し、4月に理事会から彼を解任した。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *