日産自動車はレーダーセンサーとカメラを使用

日産自動車は、今のところ、レーダーセンサーとカメラを使用する自動運転技術にこだわるであろうと言っています。

Tesla Incの最高経営責任者Elon MuskがLidarを「愚か者の用法」と呼んだ後、日本の自動車メーカーは更新された自動運転技術を1か月発表した。

2020年までに自家用車を街の通りに走らせたいと考えている日産は、最近ではライダーという比較的新しい技術であるライダーを敬遠しています。

自動運転のための先端技術開発部長の飯島哲也氏は、「現時点では、LIDARはレーダーとカメラの最新技術の能力を超える能力を欠いている」と語った。

「LIDAR技術が私たちのシステムで使用できるレベルになれば素晴らしいと思いますが、そうではありません。そのコストと機能のバランスが悪いのです。」

飯島は日産独自の最新の自動運転技術を発表した。これは、事前に定義されたルート上の高速道路上の単一車線でのハンズフリー運転を可能にする。

今年後半に日本で発売されるこの技術は、レーダーセンサーとソナーセンサーをカメラと共に使用して、自動車が周囲を「見る」ために必要な3次元マッピングデータを編集します。

ソナー、サイドレーダー、周辺監視カメラとは別に、日産は広い視野を捉えるために車両の正面と側面の3点に焦点を合わせる「トライカム」を開発したと語った。

Teslaはまた、自走技術をカメラとレーダーに頼っています。

日産は、売り上げを伸ばして利益の低迷から回復するために、より手頃なモデルに自走技術を追加したいと考えています。今週初めに決算を発表したとき、自動車メーカーはそれがその追放された会長カルロスゴーンを含む金融スキャンダルの余波で「ロックボトム」を打ったと言った。

Lidarは現在、ゼネラルモーターズ、フォードモーター、Alphabet IncのWaymoなどの企業で自動車メーカーやハイテク企業が自律走行車の開発競争に利用しています。

Lidarテクノロジは、1秒間におよそ100万のレーザーパルスを発射する光センサーを使用しています。これは分析され、3Dモデルおよびマップに処理される測定値を収集するためです。

公的に入手可能な投資データに関する3月のロイターの分析によると、過去3年間で10億ドル以上の企業および個人投資がライダーのスタートアップ約50社に投入されています。

それでも、それは流動的な技術です。

当初、車の屋根に設置された大型の紡績装置を使用していましたが、LIDARの開発者は車の他の部分に搭載できるより小型のソリッドステート装置に移行しました。これらは現在、数量限定で1万ドル未満で販売されており、大量生産では最終的にはわずか200ドルで販売されると広く期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *