河野太郎外相は、海外のメディアの慣習を日本語で聞くように言った

河野太郎外務大臣は火曜日、彼は日本語の慣習であるように、最初に姓を使って日本の名前を書くように海外のメディアに頼むことを計画すると言いました。

一例として、河野氏は、安倍晋三首相の名前は「安倍晋三」と書いておくべきだと語った。

英語のような外国語を使うとき、日本の名前は通常与えられた名前で最初に来るという名前で書かれます、西洋文化の影響の増大の中で19世紀から20世紀初頭に始まった習慣。

河野氏は、新しい令和時代が始まったばかりで、来月の20サミットのグループや2020年の東京オリンピックなど、いくつかの主要なイベントが近づいていることを考えると、今こそ変化を起こす適切な時期だと述べた。

「私は国際的なメディア組織にこれをするよう依頼するつもりです。英語のサービスを受けている国内メディアも同様に検討すべきです」と彼は言った。すべての場合において姓。

日本語で話していたがアメリカで教育を受けていて英語を流暢に話すKonoは、過去にこの問題を提起しました。 3月に、彼は外務省がパスポートを含むかもしれない公式文書の切り替えを検討するだろうと述べた。

柴山文彦大臣は火曜日、他の政府機関にも姓を最初に使用するよう要求すると述べたが、他の人々はそのような劇的な変化を懸念していた。

「大会を含め、考慮しなければならない要素はたくさんあります」と菅芳英内閣官房長官は記者会見で語った。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *