警察は、そのうちの2人を死亡させたままで迫撃砲を分析している

警察は、車に衝突して西日本の幼児のグループに衝突した後、軽自動車のダッシュボードカメラで撮影した画像を分析している。

水曜日の事故の現場で逮捕された車の運転手、52歳のシンタテ・フミコは、彼女が右折したときに十分な注意を払っておらず、反対車線を走行していた軽自動車に衝突した滋賀県大津市の交差点です。

警察は現在、死亡や負傷につながる過失運転の疑いで彼女を調査しています。

軽自動車の運転手、下山美智子さん(62)も現場で逮捕されたが、警察は明らかに彼女が事故に大きな責任を負っていないと判断したため水曜日遅くに解放された。

警察によると、下山の軽自動車はダッシュカメラを装備した唯一のものだった。

軽自動車に襲われた13人の子供のうち、2人は両方とも2歳で、もう2歳は致命的な状態に置かれました。他の子供たちと3人の保育園の先生も怪我をしました。

子供と教師が彼らのLemond-Oumi保育園の近くで散歩していたので、両方の運転手は事故で負傷しなかった。

交差点にガードレールや縁石がなかったので、警察庁長官リック俊一は、学校への往復路線に沿ってガードレールを増設するなど、安全対策を強化する意向があると述べた。

木曜日も近所の人たちが若い被害者に花やおやつ、飲み物を提供するために事故現場にやって来た。

81年、藤永義太郎氏は、「生後2年しか生きていなかった子供たちが亡くなったと考えるのは耐え難い」と語った。

「この地域には多くの子供たちがいる。故人の子供たちがその中にいたのかもしれないと考えるのは私には痛い」と76歳の女性は言った。

保育園はその日休業しました。一方、オペレーターは、当面の間、子供を散歩に連れて行くのを控えると言います

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *