貿易省職員が逮捕

米国の覚せい剤を密輸しようとした疑いで先月逮捕された貿易省の職員は、彼の職場で麻薬を使用した可能性があると調査筋は述べた。

最近の急襲中に、経済産業省の自動車部門の副部長である西田哲也氏の机から何本かの注射器が押収され、警察は現在彼が興奮剤を使用したかどうかを調査している、と情報筋は述べた。

警察は4月27日、東京にある自宅でダミーパッケージを受け取った際にキャリアトラックの官僚を逮捕した。

西田氏は当初、小包の中身に気づいていないと主張して否定したが、後に個人的な使用のための覚せい剤を入手しようとしたことを認めた、と情報筋は述べた。

官僚は、彼が仕事からのストレスに対処するために精神活性薬を服用したと言っていると引用されたが、出典によると、「より強力な効果を求めて」覚せい剤を使用し始めた。

容疑者はまた彼が個人的な使用のために海外のウェブサイトを通して購入された覚せい剤を密輸し、支払いがbitcoinを使ってなされたと言った。

警察は、元のパッケージが4月15日に日本に到着したと発表しました。そこでは、ファッション雑誌のページの間に詰め込まれたビニール袋の中に、約132万円(12000ドル)の値を持つ覚醒剤22グラムが見つかりました。

小包は別の場所に配達されたが、2013年に同省に入った西田は、郵便局に代わりに自宅に配達するよう指示した、と警察によると。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *