辞任を発表する日本のオリンピック代表武田首相

情報筋によると、東京の2020大会の入札に関連した汚職について調査されている武田恒一氏は、火曜日に日本オリンピック委員会の委員長としての辞任を発表する予定である。
71歳は東京オリンピックとパラリンピックの入札プロセスにおける不正行為を否定しているが、JOC理事会で辞任する意向を伝えると予想されている。
それでも、今年の6月に10学期が終わる前に彼が彼のポストを去るかどうかは不明のままです。武田は2001年以来JOC会長を務めており、70歳を超えた年齢制限の免除が認められた後に再選される可能性が高い。
JOCの執行役員である元オリンピック柔道金メダリストの山下泰弘氏と田島康三氏は、後任候補者に選ばれました。
フランスの捜査官は、2013年に東京ゲームズの入札委員会がシンガポールのコンサルタント会社であるBlack Tidingsに支払った280万シンガポールドル(200万ドル)の金額の一部は、父が国際社会の強力な一員だったセネガル人のPapa Massata Diackに行ったと疑っている当時のオリンピック委員会。
IOCのメンバーでもあるTakedaは、シンガポール企業への支払いはコンサルタント契約に基づく有効な報酬であり、彼はフランスの検察官と協力して彼の名前を明確にするつもりです。
武田は昨年12月に「積極的な汚職」の正式調査を受けた。
1月に、彼は2013年に東京の落札につながったとされる投票を購入したとして彼に対する告発を否定しました。
日本の首都はマドリッドとイスタンブールを試合の主催権で争った。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *