米国の大統領による中国の商品の上昇の関税

米大統領ドナルド・トランプ氏は日曜日、米国が2000億ドルの中国製品に対する関税を引き上げると発表した – 交渉の最終段階で交渉に入るか、あるいは貿易戦争を再開するために請求される直前の数日前、北京への鈍い警告。 中国に米国の要求を受け入れるようさらに強く要求するために、トランプはまた米国へのすべての中国の輸入の関税を平手打ちすることを再び脅迫した – 昨年5,395億ドルに相当する。 次回の中国の代表団との会談は水曜日にワシントンで開始される予定です。 トランプ氏は、貿易協議は「遅すぎる」ため、いくつかの関税を引き上げていると述べた。 「10ヶ月間、中国はアメリカにハイテク500億ドルで25%、その他の商品で2億ドルで10%の関税を払ってきた」とトランプはつぶやいた。 「10%は金曜日に25%まで上がるだろう。」 双方は昨年以来、双方向の貿易において3,600億ドルの関税を課してきた。しかしトランプ氏と中国の指導者であるXi Jinping氏は、12月にそれ以上のエスカレーションを控えるために休戦に同意した。 先週と同様に、米国は貿易交渉を順調に進めていると表現していました。 「中国との貿易協定は継続しているが、彼らが再交渉しようとしているため、遅すぎる。いいえ!」トランプは文句を言った。 トランプ氏は、2018年にサービス貿易を含めた総額3,778億3000万ドルの中国との米国の巨額の貿易赤字を削減したいと述べている。 米国市場への中国市場の開放が拡大したことに加えて、トランプは北京で中国で事業を展開する米国企業に自社の技術の共有を強制するという慣行を廃止するなど、構造的な変化を強く求めています。 トランプはまた、中国が知的財産の盗難や国営企業への補助金を停止することを要求しています。 米国の大統領は、プロセスの間中、彼が搾取された貿易協定を受け入れないと主張しました。そして彼の政権は、貿易協議は単に永遠に続くことはできないと最近警告しました。 次回の会談では、トランプ氏が潜在的に歴史的な範囲で貿易協定を結ぶために、西晋平大統領との首脳会談を発表するか、あるいは貿易戦争が再開し悪化する可能性があります。 今のところ、トランプ政権は、昨年は20年近くで最低の成長率を記録した中国経済とは異なり、貿易経済が米国経済を無傷のままにしていると主張している。 トランプ氏は、これまでのところ中国の商品に課した関税は米国の堅調な経済に「部分的に責任がある」と主張し、第1四半期には年率3.2%で成長した。 しかし、多くのエコノミストは、米国経済への長期的影響について心配しています。 関税の対象となる中国製品を輸入する米国の製造業者の中には、すでにより高いコストを訴えているものがあります。そしてエコノミストは、米国の消費者が日々の商品にもっとお金を払うことになるだろうと警告しています。 中国の首席交渉担当者、劉和副首相と彼の部下は水曜日にワシントンに到着すると予想されている。 これまでのところ、交渉の中国側は、主に農場とエネルギー部門で、中国がもっと米国の製品を買うことに同意した。 しかし、最終合意に達するための1つの大きな障害は、合意された合意を強制するためのメカニズムであり続けます。 トランプ政権は過去に約束や約束が無視されてきたと言っているので、今度はワシントンが中国の言葉を守っていることを確認できるような措置を講じない限り契約には署名しないだろう。 北京は、米国が課した関税を引き上げるよう米国に要請しており、ワシントンは明らかに喜んでいない。 マイクペンス副大統領は金曜日にトランプが合意に達していない場合はさらに多くの関税を課す準備ができていると述べた。 「関税の引き下げ方法は執行メカニズムの一部となるだろうし、そのすべてが交渉の対象となっている」とPence氏はCNBCに語った。 トランプの最高交渉責任者、ロバート・ライトハイザーは3月、上院財政委員会に対し、中国が双方が完了しようとしている貿易協定を確実に遵守するための方法として、中国輸入に対する関税引き上げの選択肢を開かなければならないと述べた。

Read More

トランプ氏は5月までに彼が日本と貿易取引をすることができると主張します

トランプ大統領は、5月に東京を訪問するまでに、日本との二国間貿易協定を締結できると考えていると語った。 (トランプ氏は、ホワイトハウスでの安倍晋三首相との金曜日の会合でこの予測を行った。) リアリティーチェック:日米貿易協議に近い複数の筋が、これはばかげているスピンだと私に言っています。トランプ氏の大きな需要 – 日本が米国の農産物に対する多額の関税を引き下げること – は近い将来には起こらないだろう。彼らは、双方がこれらの貿易協議の範囲について合意さえしていないと言います、もちろん可能な取引のタイミングのための巧妙な計画を作成しました。 少なく表示 「日本はUSMCAと中国がUSTR(米国の貿易担当者)とホワイトハウスに先入観を持ち続けることを望んでいる」と日本の交渉チームに近い情報筋が言った。 (翻訳:彼らは二国間協定にはほとんど関心を持っていない;むしろ、安倍首相はトランプを甘やかし、時間をかけて遊んでいる。) 境界線の間:安倍首相は、米国が大きな譲歩を得ずに農業に求めていることをトランプに与える政治的な揺るぎない余地はない。日本の農業ロビーはアメリカよりはるかに強力です – それは実質的にアンタッチャブルです。 安倍首相はすでに環太平洋パートナーシップ(TPP)の貿易協定のための農業譲歩をするために自分自身を伸ばした。切り札はその取引から米国を撤回した、そしてそれらの利益は他のTPP諸国に再割り当てされた。彼には政治的資本はあまり残っていない。 安倍首相は、より多くの農業譲許を取得するために日本の立法府に訴える必要があるだろう。日本の選挙は7月に行われ、それ以前に彼が何かをする方法はありません。それ以降も、政治は依然として非常に困難です。

Read More

カナダと日本の指導者たちはトランプが投棄した太平洋貿易協定の利益を公表する

日曜日のカナダと日本の指導者たちは、アメリカが太平洋貿易協定を結ぶことの恩恵について述べました。ドナルド・トランプ大統領は、この協定は今後の合意のためのモデルとして役立つべきであると言って立ち去った。 環太平洋地域のパートナーシップ(TPP)の改良版である画期的な11カ国貿易協定が昨年12月に発効しました。 2017年の最初のTPPに関する協議を中止した米国は含まれません。 カナダのジャスティントルドー首相は、カナダから日本への一部の牛肉製品の輸出は、この協定の下で約3倍に増加したと発表した。 安倍晋三首相を訪問した後、記者会見で次のように語った。 「(それが)米国の撤退とは全く対照的である。私たち全員が同意することができる規則によれば、もっと自由なより自由な貿易を進め続けることは、私たちが世界に必要なものである」と彼は言った。 政権が日本との二国間自由貿易協定に取り組んでいるトランプ氏は金曜日に、安倍首相に会った後、来月合意に達することができるだろうと述べた。しかしながら、トランプ氏がアメリカの農産物に対する日本の関税を引用し、アベ氏が米国を引き上げているという点で、両者は異なる点を明らかにした。日本の自動車に対する関税 安倍首相は、「21世紀型の自由で公正なルールベースの(貿易)を普及させるためには、CPTPPは「意味のある方法としてこれを説明する」と述べ、「今後のモデルになるはずだ」と述べた。 通訳を介して話している安倍首相は、カナダと日本がCPTPP内の国の数を拡大するために取り組むであろうと記者会見に語った。

Read More

安倍首相は、EUの首脳に対し、未対処のBrexitを排除し、日本の「ヨーロッパへの参入」を防ぐよう要請する

木曜日に安倍晋三首相は、英国を支援するために欧州連合の指導者たちを呼びました。出口取引なしで経済圏から潜在的に悲惨な出発を避けなさい。 ブリュッセルでの会議で、安倍首相とEU首脳陣 – 欧州委員会の首席ドナルド・タスクと欧州委員会長ジャン – クロード・ジュンカー – は、20の首脳会議の成功に向けた自由貿易と協力の重要性について合意6月 安倍首相は今回の会合で、東京が欧州連合に最近イギリスを下すことを決定したことを歓迎すると述べた。拡張された10月ブロックを離れる31の期限 首相は、今年のG20首脳サミットのために行われているヨーロッパと北米のツアーの一部としてブリュッセルにいます。 安倍首相のブリュッセル訪問は4月11日の首脳会談の後、EU首脳がテレサ5月の首相に英国を取得するための追加の6ヶ月を与えた。終了する議会 安倍首相はブリュッセルで開催された記者会見で、タスクとユンカーは彼の側に立っていた。 同氏によると、日本企業は欧州連合の加盟国として英国に多くの投資を行ってきたため、秩序ある撤退が必要だという。 安倍氏によると、両社は「法的安定性」と透明性を先に求めている。 安倍首相は、「日本企業が英国で事業を継続することが可能になることを強く期待する」と語った。 「日本にとっては、イギリスヨーロッパへの玄関口である “と彼は言った、Juncker、Tusk、そして5月への同じ点を思い出して「それで、滑らかな簡潔さが私たちが望むものです。」 アナリストらは、イギリスの撤退交渉が日本企業のイギリス撤退の決定を加速させたと警告している。 4月11日のサミットで5月とEU加盟国首脳間で合意された合意は、4月12日から大陸を救った。 4月12日の締め切りは、3月29日の当初の締め切りからすでに遅れていました。 昨年11月にブリュッセルで離婚協定を採択するように5月が3回失望した後、EUは延期を認めた。 もしロンドンが5月22日の後もEUに留まるならば、イギリスの有権者はヨーロッパの選挙に参加しなければならないでしょう – あるいは6月1日に欧州連合から墜落します。 英国では約1,000社の日系企業が事業を展開し、約14万人の雇用を支援しています。 しかし自動車メーカー本田技研工業株式会社日産自動車彼らはイギリスで生産工場を生産していると言いました、その一方でエレクトロニクスの巨人、ソニーはパナソニック株式会社操作を縮小しています日本の大手銀行が引き出す 背後にある特定の原因がありますが、アナリストはブレイキングの亡霊を言う その一部として、EUは主要な貿易相手国であり、日本にとっての直接投資先です。合わせて、28人のブロックと日本は世界経済の約3分の1を占めています。 日米両首脳はまた、日米貿易戦争が進行している中で、2月に行われた二国間の自由貿易協定の発効を歓迎し、双方の間の海上安全保障協力の強化を再確認した。 EUと日本は、「テロ対策、サイバーおよび海上安全保障、危機管理の分野における安全保障と防衛協力の強化に向けて前向きに取り組んでいる」と語った。 安倍首相府が3月に行った中国のXi Jinping大統領の署名「One Belt、One Road」インフラ開発イニシアチブ、最初のメンバーのグループの承認を受けて、大陸に大きな足がかりを築くことへの懸念先進国7カ国 ローマでの水曜日の首脳会談で、安倍首相は、彼らが経済成長と財政の持続可能性の両方を達成することができる高品質のインフラを追求することになるとジュゼッペコンテ首相に同意した。

Read More

日本は安倍首相首脳会談に沿った貿易協議におけるFXに対する米国の圧力を撃退する

金曜日に両国の首脳会談で首脳会談が予定されており、貿易と北朝鮮が議題になっているため、日本は貿易を通貨問題と結びつけるという米国の圧力の高まりに抵抗している。 ワシントン首相とドナルド・トランプ大統領の首脳会談に先立ち、日米両首相は、安倍晋三首相とドナルド・トランプ大統領の首脳会談に先立ち、米ワシントンとの貿易および通貨問題について協議した。 トランプ氏は、彼が日本と米国との貿易黒字(その大部分は自動車輸出によるもの)に不満を抱いていることを明らかにし、それを解決するために双方向の取引を望んでいる。 トランプ氏と安倍首相は、交渉が行われている間、さらなる自動車関税から日本の自動車メーカーを保護する取り決めで貿易協議を開始することに昨年9月で合意した。 米国財務長官Steven Mnuchinは、日本との取引を含む将来の取引において、米国は外国為替操作を抑止するための条項を含めることを望んでいると述べていた。 日本は、金融政策とそれに続く円高の急増を抑制するためのあらゆる試みを結びつける可能性があることを恐れて、この考えに抵抗した。 「私は、日本が貿易政策と金融政策を結びつけるいかなる議論にも同意できないと語った」と麻生氏との二国間会合の後、記者団に語った。 「日本は貿易交渉の文脈の中で為替レートの問題を議論しない」 麻生氏は、ムニチン氏との会談で、米国側が両国間の貿易協定に通貨引当を含めるよう要求したのかとの質問に対してコメントを控えた。 大量の金融緩和により円を低く抑えることが批判されてきたため、通貨は日本にとって厄介な問題です。 日本銀行の前田英治理事は金曜日、議会に対し、超緩和的な金融政策は通貨の下落による輸出優位の獲得ではなく、2%のインフレ目標の達成を目的としていると語った。 自動車、農業 茂木俊光経済相は、ワシントンのロバート・ライトハイザー貿易代表と貿易について議論するための別の会議を開催した。 茂木氏は記者団に対し、今回の会談で安倍首相とトランプ氏の間で大きな意見の相違があるとは予想していないと語った。 日本のメディアは、当面はすぐに結果が出るわけではないと述べており、米自動車関税や米や牛肉を含む日本の高度に保護された農業などの論争の的となる問題についての取り決めは困難であると述べている。 特に、安倍首相の自民党が今年の夏の参院選に直面しているため、自民党が主な支持基盤を形成している農民にアピールする必要があるため、一部のアナリストらは貿易が大きくなると述べている。 安倍首相は外交的な不和の兆候を避けたいと望んでいるが、貿易協議は緊張の機会を提供している、と彼らは言う。 日本の専門家で元ホワイトハウス関係者のマイケル・グリーン氏は、次のように述べている。「貿易面での本当に悪い結果は、大統領が自動車部品や関税の開放に同意せず、自主的な輸出規制を要求した場合だ。」今ワシントンの戦略国際研究センターで。 ハドソン研究所でスピーチをしているアメリカの駐日日本大使William Hagertyは、貿易協議が「すぐに」大事にされるであろうという希望を表明した。 同氏は、「われわれは、長期にわたって持続的な貿易赤字を抱えている。日本の市場は、私たちの市場ほどオープンではない。それゆえ、大統領が達成しようとしているものである」と述べた。 「そして、日本経済は良くなり、アメリカ経済も良くなると思います」

Read More

日本の3月の生産性低下はGDPデフレのリスクを警告

1月から3月にかけての日本の産業生産性は、ほぼ5年間で最速のペースで低下しました。これは、製造業者が日米貿易戦争に苦戦しているため、第1四半期に緩やかな縮小が見込まれることを示しています。 しかし、ワシントンと北京が懲罰的関税の撤廃の合意に向かっており、中国経済が政府の刺激による安定化の兆しを見せていることから、日本のGDPの下落は一時的なものとなる可能性があるとエコノミストは言う。 日本の生産高の急激な減少は、貿易戦争による被害の程度を浮き彫りにしていますが、世界経済の成長は比較的堅調に推移しているため、経済学者は楽観的です。 東海東京リサーチセンターのチーフエコノミスト、武藤博明氏は、次のように述べています。 「それでも、我々はすでに中国で好転しており、それが世界的に製造業を後押しするであろう。最悪の事態は日本にとってすでに終わっているので、私は悲観的にならないだろう。」 1〜3月の鉱工業生産は、2014年4〜6月以来の最大の減少となった2.6%と、金曜日の経済産業省(METI)からのデータは減少した。それは前の四半期の1.4パーセントの拡大に​​続いた。 月次ベースで、3月の生産高は0.9%下落した。これはロイターによる経済学者の世論調査で0.1%下落した予測の中央値を上回り、2月の0.7%上回った。 アナリストによると、弱い外需による日本経済への圧力の高まりは輸出を傷つけ、企業収益を脅かしている。これは第1四半期の設備投資を圧迫する可能性がある。 3月の産業生産高は、自動車生産台数が3.4%減少したこと、および半導体およびフラットパネルディスプレイを製造するために使用される機械の生産が6.7%減少したことにより減少した、とデータは示した。 もう1つの懸念材料として、3月の在庫は、金属、プラスチック、重機の在庫の増加により、1年で最も急上昇して1.6%増加しました。 在庫の増加は、これらの商品の製造業者が将来の生産を抑制することを示唆しています。 同省が調査した製造業者は、生産が4月に2.7%、5月に3.6%増加すると予想しているが、経済産業省の職員は、生産量の評価を下げ、最近は弱まっていると述べた。 ワシントンと北京が米国の貿易赤字をめぐる論争で互いの商品に対する関税を叩きつけたので、日本の輸出は年の初めに弱まった。日系企業は、中国の企業に電子部品や製造装置を大量に販売しているために露出している。 貿易戦争は当初中国の経済をぐらつかせたが、世界第2位の経済は第1四半期の減速に対する期待に反し、中国の需要に頼る他の国々への希望を高めた。しかし、韓国の輸出依存型経済は、企業が投資を削減し貿易が低迷したため、第1四半期に予想外に縮小しました。 金曜日の別のデータによると、日本の小売売上高(経済の約60%を占める個人消費の重要な指標)は、3月に前年比1.0%増、エコノミストが年平均0.8%増を予想していた。 金曜日の一連のデータは、経済を支えインフレを促進するというコミットメントに対する不確実性を払拭するために、日本銀行が少なくとも2年間金利を低く抑えると述べた翌日に来る。 一部の経済学者は、日本の政策立案者は海外の動向を注意深く監視しているが、世界経済の低迷が国の見通しに悪影響を与え続けている場合には政策選択肢がほとんどないと述べている。 金曜日の追加データによると、日本の失業率は3月の以前の2.3%から最大2.5%に低下し、就職率は申請者1人当たり1.63で安定し、44年ぶりの高水準を維持しました。 石油製品を含むが生鮮食品の価格を除いた東京の消費者物価指数(CPI)は、4月の前年比で1.3%上昇し、中央値では年平均1.1%上昇した。

Read More

この地震で亡くなったのは日本の地震が35人の命を奪う

何万人もの救助隊員が生存者のために泥をかき集めたので、北日本で地滑りを引き起こした強力な地震による死者数は,35,人に増えました。 死者の大部分は小さな農村町アツマからのものです。そこでは、丘の斜面がマグニチュード6.6の地震の力で崩壊したときに一群の住居が破壊され、風景に深い茶色の傷跡が生じました。 NHKの公共放送局によると、35人が死亡し、約5人が未だ町にいないという。 北海道の自治体によると、600人以上が軽傷を負っています。 「私達はここで地滑りを起こしたことは一度もありませんでした」と、厚妻で弟を失った松下晃は言った。 「自分の目でそれを見るまで信じられなかった」と彼はテレビ朝日に語った。 「私がそれを見たとき、私はだれも生き残ることができないことを知っていました。」 特に起草された自衛隊を含む4万人の救助隊

Read More

日本の株価は上昇し、MUFGは評価減の不安に陥る

金曜日の休日が週の後半に始まる前に投資家が傍観していたので、日本の,日経は不安定な貿易でぎっしり詰まった。MUFG 日経平均株価は、ポジティブとネガティブの間を変動した後、22,217.90で0.1%上がった。 売上高は1.6トリルに立っていたがメインボード上のボリュームは、869万株、2011年12月以来の最低水準だった… 彼はさらに、月の後半に始まった日本の企業収益からの明るいニュース、あるいはヨーロッパの景気回復の兆候のいずれかが市場をさらに押し上げるだろうと付け加えた。 4月26日、国が休暇に入る前に、たくさんの日本企業が彼らの収益を報告する予定です。その日に結果を報告する予定の企業には、ソニー、TDK、東京エレクトロン、日立、コマツがあります。 三菱UFJフィナンシャルグループは、日経平均後0.9%下落しました。

Read More

日産の元ボス、カルロスゴーンが新たな主張で打撃

月曜日に日本の当局は、信頼の侵害、自動車部門の大物に対する第4の正式な令状を誘発することの新たな罪状で元日産のボス、Carlos Ghosnに打撃を与えた。 NHKの公共放送局と地元の報道機関のJiji Pressは、検察官が彼の法務チームが保釈を申請する方法を妨げる新しい申し立てを提出したと報じた。 65歳の彼は、彼に対するすべての申し立てを精力的に否定し、日産の幹部らによって「詐欺」で批判されてきたと主張し、日本の自動車大手をフランスのパートナーであるルノーに近づける計画に警戒している。 検察はゴーンが日産から中東のディーラーに資金を集めて、彼の個人的な使用のためにおよそ500万ドルを吸うという申し立てを調べています。 ゴーンはすでにかつて一度も保釈されている – しかし国を去らないために団結して盗聴の下で生活するなどの厳しい条件下で。 かつて日産を倒産の危機から救ったことで日本で崇められたエグゼクティブのジェットコースター事件は、ビジネスの世界を掴み、特に海外からのいくつかの批判のために入ってきた日本の法制度にスポットライトを当てた。 日本の正義により、当局は長期にわたって拘留を考慮し続けることができ、裁判はほとんど常に有罪判決をもたらし、国外からの憤慨を引き起こします。

Read More
トヨタ、ソフトバンク基金、デンソーがUberに10億ドルを投資

トヨタ、ソフトバンク基金、デンソーがUberに10億ドルを投資

日本のトップ自動車メーカー、トヨタ、自動車部品メーカーのデンソー、そしてインターネット会社のソフトバンクの投資ファンドは、カーシェアリングのユーバーの技術部門に10億ドルを投資している。トヨタ自動車とデンソーが共同で667百万ドルを投資し、ソフトバンクコーポレーションのビジョン基金がUber Technologies Incの新事業体であるAdvanced Technologies GroupとUber ATGに3億3300万ドルを拠出すると発表。モータープーリングサービス その動きは、サンフランシスコに本拠を置くUberへの5億ドルの投資と、SoftBankとのモビリティサービスを構築するための2000万ドルの合弁事業の設立を含む、そのような取り組みを強化することでもたらされます。 トヨタはまた、次世代の自律走行車とサービスを開発するために、今後3年間で最大3億ドルを寄付することを約束しました。 豊山茂樹副社長は、協力することでコストの削減と開発のスピードアップが可能になると述べた。 Uberの最高経営責任者(CEO)のDara Khosrowshahi氏は、第3四半期までに完了する予定のこの契約が、テクノロジーにおけるUberの主導的立場を維持するのに役立つことを期待していました。  彼は言った、「自動運転技術の開発は私達がそれを知っているように交通を変え、私達の通りを安全にしそして私達の都市をもっと住みやすくする」。 SoftBankはDidiとGrab、そしてUberに投資し、IoTのリーダーArmを買収した。一方、トヨタは2020年の東京オリンピックに間に合うように自律走行車を開発している。 世界中の自動車メーカーが次世代の交通機関を開発するために提携を結んでいます、そしてグーグルのWaymoと米国の電気自動車メーカーTeslaも努力の大きなプレーヤーです。

Read More