楽天利益が10億ドルのLyftステークゲインで4倍増

日本のEコマース企業Rakuten Incの第1四半期の営業利益は、米国の乗用車会社Lyft Inc.への出資により10億ドルの利益を計上したため、4倍に急増した。 創業者で最高経営責任者(CEO)の孫正義氏が、ソフトバンクの電話会社からの技術投資に資金を提供したことで、日本のライバルであるSoftBank Group Corpは控えめに言っている。 楽天への投資には、3月に上場したLyft、先月上場したオンラインスクラップブック会社Pinterest Incが含まれる。また、Uber Technologiesが3月に買収すると発表したドバイに本拠を置く乗馬会社Careemにも出資した。 ハイテクの賭けは、楽天の株価を今年56%上昇させるのを助け、日経平均株価指数のトップパフォーマーのひとつとなった。 同社の営業利益は3月末までの1年間で、前年の281億円から1,137億円(10億4000万ドル)に増加した、と楽天は語った。 Lyftの投資利益がなければ、利益はわずか32億円でした。 楽天は、Amazon.comやSoftBankの支援を受けているYahoo! Japanのようなライバルとの競争の中、物流などの分野で中核となるオンラインモール事業を強化するために投資する一方、金融サービスや電気通信などの分野にも投資しています。 2006年にボーダフォン・グループの日本のモバイル事業を買収した最後の成功した参入者がソンのソフトバンクであった業界に突入すると見込まれるため、楽天の億万長者の創設者兼CEOのミキタニ・ヒロシは日本の4番目の大手携帯電話会社になることに大きな賭けをしている。 1997年に楽天を設立したミキタニは、キャリアサービスがオンラインモールやクレジットカード、証券取引、生命保険などの金融サービスを含む楽天の他の事業へのトラフィックの促進に役立つことを期待しています。 Rakuten氏は、独自の無線通信機の代わりにクラウドベースのソフトウェアとコモディティ化されたハードウェアを使用することでネットワークを構築するコストを削減したと語った。 その経費は、現在の通信会社による継続的な投資によって矮小化されています。 今年後半にキャリアサービスを開始する予定の楽天のモバイル事業の営業損失は、前年同期比で10倍の64億円となった。 楽天株は、決算発表に先立って2.2%クローズしました。

Read More